高血圧に効くサプリランキング@タウリン、DHA&EPAが良い?

 

高血圧に効くサプリランキング!タウリンDHA&EPAとは

高血圧の基本的な知識

 

高血圧が放置された場合に、動脈硬化や心臓病、脳卒中などの病気が生じる危険性があるため、健康維持のためには血圧の管理を行うことは不可欠と考えられています。その高血圧とはそもそもどのような状態を言い、どのような予防策があるのか見ていくことにしましょう。

 

まず、血圧という言葉ですが、血液が流れる時に、血管にかかる圧力のことを言います。血圧の数値は、血液の量や血管の太さによって左右されます。つまり、大量の血液が細い血管に流れこむようになると、血管へかかる圧力は大きくなり、血圧が高く表れます。

 

私たちの心臓は、毎分60〜70回ほど伸縮を繰り返し、血液を血管に押し出すポンプのような働きをしていますが、血管に圧力が最も強くかかるのは、心臓から血液を押し出した瞬間と言われています。逆に、最も圧力が低くなるのは、収縮した心臓が拡張する時です。

 

前者を「収縮期血圧(最高血圧)」、後者を「拡張期血圧(最低血圧)」と言って血圧を評価する基準として利用しています。高血圧というのは、安静にした状態で、慢性的に血圧が正常値よりも高い状態のことを言います。

 

日本高血圧学会の「高血圧治療ガイドライン」では、収縮期血圧が130 mmHg未満、かつ拡張期血圧が85 mmHg未満なら「正常血圧」、収縮期血圧が130〜139 mmHg 、かつ拡張期血圧が85〜89 mmHgの場合は、高血圧とは言いませんが、高血圧の一歩手前の状態である「正常高値」というように分類しています。

 

それから、それよりも上の値を示すと「高血圧」に分類されます。分類上ひとつ注意すべきは、一時的な血圧上昇の場合は高血圧としては扱いません。人間の血圧は体を動かしたり、寒さを感じたりというちょっとしたことで上昇する傾向があるので、一時的なものについては診察上は評価されません。

 

高血圧の対策は、肥満対策と密接な関係があります。上半身型肥満やリンゴ型肥満といわれる、内臓に脂肪がつく肥満タイプの人は特に要注意です。高血圧のリスクを回避するためには、まず肥満を解消することが効果的だと言われています。

 

肥満を解消する基本は、やはり適度な運動ということになります。有酸素運動が特に有効で、長期間続けて行うことで血圧についても低下させる効果が見られます。有酸素運動の種類としては、ウォーキングや軽いジョギング、平坦なコースでのサイクリング、スイミングなどが手軽で良いでしょう。

 

運動と合わせて食生活の改善も必要です。30歳を超えると体の消費カロリーが少なくなるので、20代までと同じ食生活をしているとカロリーオーバーとなってしまいます。この余ったエネルギーは、内臓脂肪として蓄積され、肥満体型を作るようになります。

 

こうしたエネルギーの余剰を防ぐため、食事は「腹八分目」にとどめることを意識しましょう。また、揚げ物や肉など、高カロリーになりがちなメニューも減らしていくことが大事です。そのための食事として和食は非常にすぐれていますので、できるだけ献立を和食中心にしていくと効果があると言われています。

 

それから、怒りや悲しみなどの情動的なストレスが、血圧の上昇と関係しているという調査結果もあるそうです。まだエビデンスが完全に取れているものではないそうですが、情動的ストレスにより一時的な血圧の上昇が見られるということは事実と見られています。ですから、ストレスを感じたら、溜めこむことなく早めに解消するようにするのが良いでしょう。

 

気分転換も効果がありますし、半身浴やヨガ、アロマテラピーなどはリラックスさせる作用がありますから、こうした方法を使うのもよいでしょう。あまり知られていませんが、寒さによっても血圧は上昇するので、冬場は血圧が上昇しやすくなります。急激な温度変化は特に注意が必要です。冬になると、リビングは暖かくても、トイレや浴室が寒いということが少なくありません。

 

それで、トイレやお風呂で心血管病で倒れるということが冬に多く起こるのです。部屋ごとの温度差をできるだけ小さくできるように、トイレや浴室にもヒーターを置くなど対策を施しましょう。高血圧は、体と生活環境を調整することで予防が可能ですから、意識して改善していくようにしましょう。

 

 

高血圧症と薬物治療

 

薬物療法は、非薬物療法をきちんと行っているにも関わらず高血圧の改善が見られない、思わしくない場合に行われます。薬物治療の目的は、血圧を抑えて臓器障害や合併症を予防することであり、根本的には非薬物療法をしっかりすることで体質を改善する必要があります。

 

降圧薬を使って薬物治療をはじめるタイミングは、糖尿病や臓器障害、心血管病の有無によって医師が総合的に判断します。生活習慣の修正を徹底することは大前提となりますので、医師の指示を受けた上で治療を開始しましょう。

 

降圧の目標値については、年齢によっても多少の違いがあり、若年・中年者では130/85mmHg未満、糖尿病や腎障害を持つ人では130/80mmHg未満になることが多いです。高齢かつそうした持病のある人の場合は、まずは140/90mmHg未満をめざすのが良いでしょう。

 

薬を選ぶ際には、医師が年齢、性別、高血圧の程度、合併症の有無などを考慮した上で状態に合ったものを選ぶようにしてくれます。症状が正確に伝えられていないと間違った処方をするしかありませんので、症状を正確に伝える必要があります。

 

降圧剤は医師の指導に基づいて、規則を守って行うことが大切です。飲み忘れたり、また飲み忘れたからとまとめ飲みをしてしまったりすると、効果が見られないばかりか逆効果、過剰な効果が現われて一層体調を悪くしてしまう場合もあります。

 

薬の飲み始めは、血圧が低下するのにともなってだるさを感じる場合があります。特別なことではありませんが、その程度があまりにひどいと思われる場合は、医師に相談するようにしましょう。

 

降圧剤によって血圧が下がったとしても、それで満足して勝手に薬の量を減らしたり、服用をやめてしまってはいけません。治療の終了は医師の確認の上で行うべきです。そうしないと、高血圧に戻ってしまったり、以前よりも症状が悪化して現れる場合もあります。もしも発疹、かゆみ、発熱、動悸などの副作用が出てしまった場合は医師に早く相談して、薬を変えるか薬物治療を中止するようにしましょう。

 

降圧剤では血圧を一時的に下げる作用が中心ですので、それによって永続的に下がるわけではありません。ですから、多くの場合は長期間にわたって薬を服用し続けることになります。薬物療法を良い形で進める秘訣は、医師とよく相談することですのでその指示によく従うことを心がけましょう。

 

高血圧の合併症

 

高血圧に効くサプリが良くないと一般的に言われていますが、その理由は、血圧が高くなった場合に動脈という酸素を多く含んだ血液が通る血管に負担がかかるからです。これは、次のような合併症を引き起こしやすくするために、高血圧はその前兆として注目されるのです。

 

●うっ血性心不全
うっ血性心不全は、「心不全」と単純に言われることもあります。これは、心臓の働きが低下することで血液の循環がうまくいかなくなって、体内の血液が淀んだ状態になってしまうことです。これによって、足や顔にむくみが生じたり、少しの運動で、息切れや動悸などの症状が出るようになります。

 

●眼底網膜病変
眼底とは、眼の奥にある場所で、役割としてはカメラのフィルムのような機能を持ちます。この部分を写真に撮ったりレンズでのぞいてみながら、そこにある細動脈という細い血管の状態を観察し、出血や血管のくびれの状態を調べてみるのですが、これに異常が起こっている場合があります。

 

網膜の血管病変は脳の血管の状態を表しているとも言われているため、眼底に病変があれば脳出血・脳梗塞に特に注意が必要というサインとなります。この病変がないことが脳出血・脳梗塞の危険がないことを保証はしない点は注意してください。

 

●高血圧性心肥大
血圧が高い状態が続き、血管が硬くなってくると、全身に血液を送り出す心臓は、それだけ大きな力で血液を送り出す必要が出てくるためにその負担が大きくなります。

 

すると、この働きをするために心臓の筋肉が発達して厚くなり、結果として心臓全体が大きくなってしまい、この状態を「心肥大」と呼びます。心肥大が起こると、心不全、心室性不整脈、狭心症、心筋梗塞など、他の心臓に関わる合併症の頻度が増加するので危険です。

 

●脳血管障害(脳出血・脳梗塞など)
脳出血は高血圧と深い関係がある病気で、血圧を安定させることさえできればかなりの確率で予防することが可能だと言われています。脳出血の発作は予測ができないのが特徴で、前兆もなくある日突然おこるため、日ごろから血圧に目を光らせておかなければなりません。

 

脳梗塞というのは、脳の動脈硬化が進むことで、部分的に血液のめぐりが悪くなる病気です。頚動脈(首の動脈)の動脈硬化が原因で脳梗塞が起こることもあります。高血圧は脳梗塞を引き起こす要因として注意されますが、糖尿病や高コレステロール血症(脂質異常症)が併せて起こった場合、発症する危険度が圧倒的に高くなるのでより注意が必要になります。

 

●心筋梗塞・狭心症
心筋梗塞は心臓の筋肉に酸素や栄養を送っている血管が完全に詰まってしまう疾患で、狭心症は血管が狭くなり、心臓に十分な血液を送りこめなくなる疾患を言います。

 

これらは動脈硬化が原因となるのですが、血管が詰まる時は、動脈硬化そのものよりも、動脈硬化が起こった血管の一部が破れるようにして血の塊り(血栓)ができていることが多いです。

 

血管が狭くなるときは、動脈硬化が進んで常に狭くなる労作性狭心症の場合と、冠れん縮性狭心症と呼ばれる血管の痙攣により血管の縮小が起こって狭くなる場合に大きくわけられます。

 

●高血圧性腎障害
尿をつくる腎臓、特に糸球体と呼ばれる細い血管の集まった部分に障害が起こる疾患で、老廃物の十分なろ過ができなくなったり尿にタンパクが出るようになり、腎臓の機能が損なわれてしまう障害です。そのまま放置すると透析が必要になる場合もあるので注意しましょう。

 

多くの腎障害は高血圧を悪化させる原因にもなるので、健診などで腎臓の状態にチェックが入ったら意識して腎臓への負担を取り除きましょう。

 

更新履歴